宝田村の占星とは
宿命
『天凶節』の解説
後天運
『主星』の解説
『従星』の解説
『相性』の解説
『職業』の解説
『巡る後天運の見方』
_top
 『従星』の解説
 従星は、運の強さを表す星です。
 主星に対し働く運気力です。運気力が大きければ主星の影響を強く受けます。
 従星の概説です。
『従星』の概説
  従星  運気                             従星の説明
 天仔星   9 天仔星(てんこせい)。
 幼年期と晩年期は元気ですが、中年期に落ち込みがあるのが天仔星の特徴です。
 人当たりの良い雰囲気を醸し出す、この星が二つ以上あると、他人の助けを受けて穏やかな人生を送ることが出来ます。
 理想を描くロマンチストです。品の良さのおしゃれを大事にします。

 天耀星  7天耀星(てんようせい)。
 常に動くことでエネルギーの生まれる、放浪、浪漫の星です。
 波乱万丈の人生を送る人に見られます。
 日本を離れ外国で活躍する人です。芸術家、芸能人で活躍します。愛情の変化も多く恋愛を重ねます。
 晩年は元気に若々しくいられるのもこの星の特徴です。

 天冠星  10天冠星(てんかんせい)。
 あらゆる分野の成功した人の宿命表の中に、この星を持っている人が多くいます。
 独立心、頑固で意志を貫きます。強いエネルギーを持って生まれています。
 親の力をそのまま受け継ぎ、伸び伸びと育った結果です。
 この星は使う方向を間違わなければ、大きな仕事をした人がたくさんいます。
 女性にあれば女帝の星、思うように振舞います。独立心と自立心の強いキャリアウーマンにこの星が多いのも特徴です。

 天皇星  11天皇星(てんこうせい)。
 エネルギーの強い星で、相当な困難を前にしても粘り強く耐える力と冷静さを併せ持つ、優れた星です。
 この星を持って成功しなかったら相当な怠け者といえるでしょう。
 用心深さと観察力にも優れどんな分野ででも活躍できます。

 天王星  12天王星(てんおうせい)。
 まさに王者の星で、全ての星の中で一番のエネルギーを持っています。
 修行星と言って若い時に家を出て苦労しなければ、そのエネルギーを役立てることが出来ません。
 成功するには苦労に苦労を重ねる修行をしなければ、この星の成功はありません。まさに大器晩成の星です。

 天黄星  8天黄星(てんきせい)。
 人には元気のないように見えるのが特徴で、自分の気持ちを打ち明けることが苦手です。
 自分自身の中でコツコツと努力しているのが表に出ないタイプなので、若くして老成しているようにみえます。
 慎重に生きる。家庭を守る星としては最高の星です。

 天想星  4天想星(てんそうせい)。
 空想、音楽、病気、特に音楽家に向いている感性の鋭い星です。
 現実感覚に乏しく、一生空想や想像力の世界で遊びます。病気も何かと付いて回ります。
 特徴としては神秘的なものに惹かれ、雰囲気に左右され気分に流されやすい性格です。

 女性は順調に人生を過ごせます。

 天老星  2天老星(てんろうせい)。
 この星の意味するのは黄泉の国。心霊的で心的世界で力を発揮します。
 自然の時間の流れと共に生きていきます。地味ですが長い時間をかけて信頼を勝ち取ります。
 子供のように好奇心が強く真面目です。

 天陵星  5天陵星(てんりょうせい)。
 探究心が誰よりも強く学者、小説家、に最も向いている星です。
 ただ好きなことへの探究心と集中力は強いものがあるので、死ぬまで生きがいには困りません。
 この星は静かな環境の中で力が出ます。

 天翔星  1天翔星(てんしょうせい)。
 旅立ちの忙しさでエネルギーを貯めこむ星です。
 気弱で心配性な性格で静かな中では力が出ません。
 内面の不安定さのため動きまわりますが、気弱が一転、強気に変わることがあります。

 天卵星  3天卵星(てんらんせい)。
 千変万化の星で、考えていることが今日と明日は違います。流浪の人生を送ります。
 異性運も変わりやすく、まるで何も知らない無邪気な子供のようです。
 言い方を変えれば何にでも対応できる能力があるともいえます。

 天赤星  6天赤星(てんせきせい)。
 裏のない性格で明るい陽気な徳のある星です。
 人気者の星で大勢の人に好かれます。芸能人にあれば最強です。
 一生若々しく、どんな場所でも楽しく人生を過ごせます。
 人間関係の問題も自然に解決に向かいますから心配しない方が良いでしょう。