宝田村の占星とは
宿命
『天凶節』の解説
後天運
『主星』の解説
『従星』の解説
『相性』の解説
『職業』の解説
『巡る後天運の見方』
_top
 宿命 
宿命とは貴方が持っている資質、性格、運気力のことを言います。

 私たちは、空間と時間の中で生きています。
 宝田村の占星では地球の空間は、『木』と『火』と『土』と『金』と『水』の五つの要素で成り立っていると考えました。  それをさらにプラスとマイナス(陰と陽)の空間に分け、 10の空間が出来上がりました。
 つまり木を甲乙のプラスマイナス(陰陽)に分けます。
 このことから
         木が甲乙(きのえ+、きのと−、と読みます)
         火が丙丁(ひのえ、ひのと)
         土が戊己(つちのえ、つちのと)
         金が庚辛(かのえ、かのと)
         水が壬葵(みずのえ、みずのと)
 このように10の空間が出来上がりました。 このことを「干」と言います。

 次に時間の経過を子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の12の時間経過として区切ります。
 このことを「支」と言います。

 つまり、 今流れている10の空間と12の時間の組み合わせで循環していきます。
 このことを「干支、かんし」と言います。

 空間と時間に名称を付けて貴方が生まれた生年月日、そこから貴方の宿命は決まります。

 宝田村の占星術は、二十四節気で命運を占います。大陽暦は季節を示していないからです。
 1年の始まりは立春で,2月の節入り日です。

 宿命は、生まれた時に宇宙空間の磁気エネルギー(干)と、体磁気エネルギー(支)が結ばれ決定されます。
『干支表』
 干支表は生年・生月・生日の千支を、年柱・月柱・日柱に組み立てたもので、あなたの元になるものです。  生まれた年は年柱、月は月柱、日は日柱となります。
 「天干」「地支」は、年月日それぞれの干支です。
 「蔵干」は太陽エネルギーを含む干で、年柱・月柱・日柱のそれぞれに存在します。
 この干支表から、宿命表、後天運表(10年運、年運、月運、日運)が導かれます。
『宿命表』
 宿命表はあなたの持っている資質、性格、運気力を表します。
 表の真ん中があなたの主星運を表す主星です。
 これからの人生を示す星です。
 あなたにとって一番良い働きをする星です。
 これからの人生に最も影響します。

 幼星運の主星は幼年期を表す主星です。
 自分自身の持って生まれた運命、性格、家族運を表す星です。
 幼星運の従星は持っている運気です。この運気は一生の運気の大きさになります。
 幼星運は主星より従星が大きく影響します。
 恋愛運も表します。運気の大きさは、主星の強さでもあります。

 晩星運の主星は社交面を表します。

 主星運、幼星運、晩星運の主星にどの主星を持っているかで、あなたの人生は大きく変わります。
 その主星に逆らわず、また活かしていくことが幸せの始まりでもあります。