宝田村の占星とは
宿命
『天凶節』の解説
後天運
『主星』の解説
『従星』の解説
『相性』の解説
『職業』の解説
『巡る後天運の見方』
_top
 後天運
後天運とは貴方が生まれてから巡る人生の運勢、運気力のことを言います。

 後天運は、今流れている10の空間と12の時間の組み合わせで循環していきます。

 10の空間にはそれぞれ貴方の主星があります。
 12の時間にはそれぞれ貴方の従星があります。
 時間があって空間のない世界のことを「天凶節」と言います。
 時間があって空間がない、つまりこの時間帯は休息を取らなければならない時間帯なのです。
 120年のうち20年間、12年のうち2年間、12ヶ月のうち2ヶ月、12日のうち2日は必ず天凶節の日になります。
 貴方は、貴方の主星と従星を持って時を過ごしていきます。
歳月とともに巡る主星と従星

 私たちは、宿命を持って生きていきます。

 空間と時間の中で歳月を過ごします。
 自分自身が、どのような空間(主星)で、歳月を送るかを知って、生活する事が大切です。

 運勢は大きく10年ごとに変わります(10年運)。
 年とともに毎年くる運勢を、年運といいます。
 毎月来る運勢を、月運といいます。
 毎日来る運勢を、日運といいます。

 「天凶節」は、10年運、年運、月運、日運に必ず」、訪れます。
『10年運』

 10年運は生まれながらに授かった宿命をもとに決まります。
 あなたの取り巻く社会運の中で、どのような行動をとるのが有意義な人生を送ることができるかを知ることができます。
 人生は10年間を区切りとして、支配する星(主星)が変わります。
 巡る主星は人それぞれ違います。また巡る順番もそれぞれ異なります。
 自分に巡ってきた主星の空間を生かすことが大切です。
 誕生からの初年運は、人それぞれ1年から10年間あります。
 初年運は、親からの影響が大きく左右されます。
 従星はその時の運勢エネルギーを示しています。
 10年運は、主星より従星のほうが運勢に大きな影響を与えます。
 大きなエネルギーを持っているときはおおきな影響があります。  その支配している主星と従星が貴方の運勢です。
 10年運を分析してその流れに逆らわずに人生を送ることで、大きな成果を得ることができます。
 また幸せを得ることができます。
『年運』

 毎年巡ってくる、主星と従星が記述されています。
 一年の始まりは、2月の節入り日です。
 節入り日が示されていますので示された節入り日から1年を開始してください。
 あなたの主星の巡ってくる順番はあなた自身のもので、宿命により決まります。
 毎年巡ってくる主星と従星により、どのような年になるかが決まります。
 あなたの宿命表に示されている運命をどのように生かすかは、自分自身です。
 巡ってきた年の主星に逆らわずに送ることが幸せを生みます。
 また従星のエネルギーの大きさを利用し積極的に行動することも成功につながります。
 ただし、天凶節が巡ってきたときは、天凶節の意味を理解して慎重に行動することが必要です。
『月運』

 毎月巡ってくる、主星と従星が記述されています。
 月の始まりは、節入り日です。
 節入り日が示されていますので示された節入り日からその月を開始してください。
 あなたの主星の巡ってくる順番はあなた自身のもので、宿命により決まります。
 毎月巡ってくる主星と従星により、どのような月になるかが決まります。
 あなたの宿命表に示されている運命をどのように生かすかは、自分自身です。
 巡ってきた月の主星に逆らわずに送ることが幸せを生みます。
 また従星のエネルギーの大きさを利用し積極的に行動することも成功につながります。
 ただし、天凶節が巡ってきたときは、天凶節の意味を理解して慎重に行動することが必要です。
『日運』

 毎日巡ってくる、主星と従性が記述されています。
 また月の主星、従星が記述されています。  あなたの主星の巡ってくる順番はあなた自身のもので、宿命により決まります。
 毎日巡ってくる主星と従星により、どのような日になるかが決まります。
 あなたの宿命表に示されている運命をどのように生かすかは、自分自身です。
 巡ってきた日の主星に逆らわずに行動することが、良い結果を生みます。
 また従星のエネルギーの大きさを利用し積極的に行動することも成功につながります。
 ただし、天凶節が巡ってきたときは、天凶節の意味を理解して慎重に行動することが必要です。